アフターフォローAfter follow

インドネシア人に特化した人材紹介会社だからできる7つのこと

  1. 1

    出入国時・住居確保のサポート

    外国人材が日本に来て最初に困ること。
    それは、住居の確保です。弊社では、出入国時の空港への送迎同行は勿論、企業様のご要望に応じて住居確保のサポートを行います。また、契約内容はすべてインドネシア語に翻訳し対象人材へ説明を行います。

  2. 2

    生活オリエンテーション

    人材の大半は日本で生活するのは初めてです、良い仕事をするには生活の基盤が整っていることが必須条件。その為、入国後に日本での生活や仕事習慣について基本的な知識を教えます。日本の企業における仕事上のマナー、日本でビジネスをする上での注意点、生活習慣に関する一般常識等の研修を実施します。

  3. 3

    日本での生活・各種手続きの支援

    来日後は一刻も早く日本の生活に馴染む事が重要です。
    その為、ごみ出し等生活のルールやマナー、ライフラインの契約・銀行口座の開設・携帯電話・税務手続などをサポートします。

  4. 4

    日本語学習の機会提供

    来日時の人材の日本語能力は人それぞれです。職場でのコミュニケーションでは、日本語能力の向上が不可欠。そのため弊社では、JLPT1級の専属講師が日本語の補習教育を実施致します。また、企業様のご要望に応じて、オンラインでの日本語教育もしくは企業様への日本語教師の派遣も可能です。

  5. 5

    定期面談

    弊社キャリアコンサルタントがインドネシア人材及びご採用企業様との定期面談を実施致します。生活面や仕事上の希望や不安に寄り添うことで、人材が長く定着する為の支援を行います。
    また必要に応じ、相談内容に対応する適切な機関のご紹介も可能です。

  6. 6

    コミュニケーションプラットフォームの活用

    外国人が日本で安心して生活していくには、お互いに支えあうコミュニティーの存在が不可欠です。弊社では、在日インドネシア人のコミュニティープラットフォームである「POPRESS」(ポップレス)の運営をしており、彼らの生活に密着した情報の提供が可能です。また、関係会社であるセティア株式会社が運営するカフェダイニング「ブランバリ」にて定期的にインドネシア人の方たちが気軽に情報交換できる場を提供しております。

  7. 7

    緊急時対応

    病気や怪我・災害などはいつ何時起こるか分かりません。そんな時に必要なのが緊急時のサポート体制。弊社では、通院時の通訳同行から災害発生時の避難連絡に至るまで緊急時の対応を24時間365日実施致しております。

ドゥイキ ヨセフ クリストファーの写真

セティア マネジメント
人材教育・サポート部門 責任者 (Education & Support Div. ) ドゥイキ ヨセフ クリストファー

(経歴)
2008年 パジャジャラン大学文学部日本語学科卒業
2019年 名古屋大学 国際開発研究科 国際コミュニケーション 博士課程修了
JLPT日本語能力試験1級、インドネシア語、日本語、英語の翻訳・通訳者、
日本語教師