インフォメーションinformation

 
お知らせ
インドネシア共和国スメダン市と介護人材育成に関する連携協定を締結しました

セティア マネジメントは、2020年8月19日(水)日本時間の正午(インドネシア時間午前10時)、インドネシア共和国スメダン市、及び送り出し機関であるPT.SJIと介護人材育成に関する三者協定を締結いたしました。

2025年に約34万人の介護人材が不足すると言われており、今後の介護業界の大きな課題となっております。
この課題に対する解決策として、日本政府は昨年4月に新たな在留資格『特定技能』を創設しました。

セティア マネジメントでは、介護人材育成のためのプログラムを開発、導入いたしました。この人材育成プログラムには、今回協定を締結したスメダン市、及び人材育成機関であるPT.SJI、5つの看護大学らが参画し共同で優秀な介護人材を育成しております。

今回の三者協定を契機に、2021年12月末までに150名の特定技能介護人材の育成をして参ります。
弊社ではこれからも『人材は紹介ではなく、育成する時代』をモットーに、日本全国の介護福祉施設様へ優秀な人材をお繋ぎしていきます。

プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000052807.html